工事部

主任

中野 貴史

1988年生まれ、埼玉県出身。専門学校を卒業し新卒採用で岩本組に入社。5年目に一時退職したが2016年に再入社し、主任を務める。

[

施主からの感謝がモチベーションに

]

元々建設業界に興味を持ってはいませんでしたが、父の勧めで専門学校へ進みました。当時は就職氷河期。就職活動はとても苦労したことを覚えています。岩本組に入社したきっかけは施工事例を見て。有名な設計事務所とも付き合いがあり、興味深い建築物を多く手がけていました。

入社当時は職人との打ち合わせなどでも自分の知識が追いつかず、悔しい思いをしました。また、近隣住民への対応など、覚えることがたくさんありました。経験を積んで仕事を覚えると、やりがいを感じることが多くなります。

原宿のオフィスビルを担当していた時、竣工記念の食事会に招かれお施主様が私の名前を読み上げ、感謝の言葉を頂きました。自分が描いた図面や構想が思い通りに進み、感謝される瞬間がモチベーションの源です。

[

カラーの違う2社を経験

]

2014年、神宮前のビル新築工事に携わった後、岩本組を退職。地元の企業に転職しました。転職先はとても厳格で自由な岩本組とは全く違いました。カラーの違いにやり辛さを感じる時期もありましたが、岩本組は辞めた人間でも常に気にかけてくれていました。

当時、岩本組も大変な時期でしたが「これからもっと良くなるために力を貸してくれ」と言っていただき再入社を決意。厳しい時期に在籍していなかった私は負い目を感じることもありましたが、関係を保ってくれた岩本組に恩返ししたい気持ちが強くありました。

[

専門時代の仲間と何かをつくりたい

]

現場が思い通りにいかないこともありますが、大体友人らと飲むことでリセットできます。専門学校時代の友人とは今も繋がりがあり、大半が建築業界に進んでいます。職人、設備、施工など様々。いつか、そんな仲間と何かをつくるビジネスができれば。名前も刑罰も責任もある立場を任されているので、まずは大きな現場の統括責任者などを務め、岩本組に貢献していきたいと思っています。

岩本組は上下の隔たりが無く、アットホームな社風。すぐに慣れることができる環境です。技術や知識は後から付いてきます。会話のキャッチボールができる人、常識がある人、頑張ることができる人は是非一緒に働きましょう。

[

1日のモデルスケジュール

]

7:30
 
出社
8:00
 
朝礼
8:15
 
現場巡回
8:45
 
書類整理
10:00
 
職人と打ち合わせ
10:15
 
書類整理
12:00
 
昼休憩
13:00
 
現場巡回
13:45
 
書類整理
15:00
 
職人と打ち合わせ
15:30
 
書類整理
17:00
 
現場戸締り
18:00
 
書類整理
20:00
 

退社